酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日暮し雑記」 5/9 土曜日

<<   作成日時 : 2009/05/09 18:08   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

画像 *「母の愛」感謝しています。


今日は、新型インフルエンザ感染者が初めて出たと言うニュースで溢れていました。私たちは常に言われている対応策を取って冷静に参りましょう。

予算委員会で麻生氏は私は義務を果たした。と発言して直ぐに撤回すると言う公私の使い訳の出来ない坊ちゃん振りを発揮していた。

また、子を持つ親御さんは苦労話が大半で、子を持った喜びをあまり聞かないなど、と自身の親としての喜びを語っていた姿に違和感を持った人も多いと思います。

麻生氏は、少子化問題が突きつけている未来への警鐘に真摯に耳を傾けることが出来ない政治家であろう。

「経済の麻生」 「外交の麻生」 「俺が決める!」 「麻生がやりぬく!」、何一つ成果を上げられないで今日まで来た。恐らく「はったり屋宰相」の異名を残して終わるだろう。

明日は「母の日」、こんなニュースもあります。

「母になるのにベストな国」日本は34位 国際NGO
2009年5月9日10時11分 asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0509/TKY200905090044.html

 「母親になるのにベストな国ランキング」で、日本は158カ国中34位――。「母の日」を前に、子どものために120カ国以上で活動する国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」(英国)がこんな調査結果を発表した。

 ランキングは今年で10回目。各国の公的なデータを基に、5歳未満の死亡率や初等教育への就学率など七つの「子ども指標」、出産時の死亡リスクや産休・育休制度など八つの「女性指標」をそれぞれ数値化。計15の指標を総合的に判断したとしている。

 日本は、子どもの就学率や栄養状況などは高い水準で「子ども指標」では8位。しかし、女性が働きながら子育てできる環境が他の先進国に比べて整っていないとして「女性指標」は36位となり、総合で34位と判断された。昨年は31位で、06年の12位を最高に年々順位を下げている。

 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(東京都千代田区)は「日本の制度自体は後退はしていないが、他国がより良くなって順位が低くなったようだ」という。

      天気 一瞬のファンタジー…東京都心の空に虹

画像
   虹を背景に離陸する旅客機=羽田空港で2009年5月8日午後6時14分、石井諭撮影
                     拡大写真

 連休中から雨を降らせた低気圧が東海上に去った影響で8日午後6時ごろ、東京都内では夕日が差すと、都心の空に鮮やかな虹が浮かび上がった。

【写真特集】都心の虹をさまざまな角度から見る

 気象庁によると、虹は、太陽光が雨などの大気中の水滴を通過するとき、屈折・反射して起こる現象で、必ず太陽を背にした方向に現れる。水滴が大きいほど色合いが鮮明になるという。

 羽田空港付近の上空では、青い空をバックに旅客機が虹を横切る幻想的な光景も現れた。【石塚孝志】

5月8日20時30分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090508-00000025-maip-soci

画像

日本は、諸外国にも例のない長期中央集権国家です。全国津々浦々、あらゆる各界・階層に張り巡らした利権と既得権の網が長期政権を支えてきたのです。

権力は利権と既得権を張るのに熱心だったが、国民のためのセーフティーネットの構築には不熱心だった。心ある人はそんな政府の遣り方に警鐘を鳴らしてきました。

が、政府は改める気などない欠片もなく、時の代表,小泉某は、「痛みに耐えろ!」と絶叫して.格差を急激に拡大させた。小泉は何の償いもせず本当に「痛み」を押し付けて去り、息子を世襲させて引退する。怒

そして今、私たちは
福祉、医療、介護、雇用など、セーフティーネットの構築を疎かにしてきた政府の付けで.苦しめられているのです。

その上、驕った金融資本のマネーゲームの破綻が被さり.正に100年に一度、未曾有の嵐に見舞われてしまった。

何でも未曾有の所為にして、自らの国家運営が行き詰っているのを頑として認めない政府は、1次、2次補正、本予算、今審議中の補正と、ばら撒きで、民を寄らしめることが出来ると高を括っている始末だ。

だが実際は違う。秋までに城を明け渡さねばならない恐怖に怯えているのだ。
窮鼠猫を噛むと言いますが誰もが信じられない暴挙に出た。次の総理に一番近い敵将を計略に掛けたのだ。

自公政治家(立法).官僚(行政).業(マスコミ)が、官僚政治死守のために大同団結して小沢氏に襲い掛かったのだ。こんな卑怯な遣り方で民心が快哉するとでも思っているのか!まるで恐怖政治だ!

民心は益々離れるだろう。どんな政権でも民心が乖離すれば倒れる。

日本の為政者は少なくとも一般常識のある紳士だと思っていた。
少しは.矜持があると思っていた。が、見事に裏切られた。
長期政権は腐ると言うのは本当だった。

+++
麻生自公には何も期待できません。
自ら作った利権・既得権網に縛られて、ばら撒きや切り張り政策しか出来ないのです。
こんな政府に義理立てするのは止めましょう。

どんなことがあっても 「政権交代」 を実現しなければなりません。
政治を国民の手に取り戻し、予算の配分を変え、セーフティーネットを充実し、皆が平等に福祉を受けられるようになれば、社会が明るくなります。

そして、「政権交代」 の勲章は小沢に与えられるべきです。
新政権が誕生し未来へ確りとした道筋が付けば、歯車はどんどん良い方へ転がります。
小沢世代の後、民主の次世代が更に確固たる物にして行けば良い。

国民は見るべき所はちゃんと見ている。
前原や仙石等の似非政治家では決してない。

画像


ホースで水を撒いて出来る小さな虹でも夢があります。
100年に一度の嵐が止んだ時には、とてつもない大きな虹が天空に懸かるでしょう。
手をつなぎ.肩寄せあって虹の橋を渡る人々の笑顔が見てみたい。

そんな春の夢へ誘う未来への第一歩が 「政権交代」 です。
実現させましょう!

画像 *ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本日は母の日です。学生時代は孝行息子、中年になってからは親不孝者の私に、妻が「母の日なんだから電話くらいしてあげなさいよ」と言ってくれました。
遠く離れて暮らす母は認知症が出始めてはいますが、電話をすると喜んでくれて、ほんとうに感謝しています。
さて、少子化ですが、その要因のひとつに「寿退社」の文化があるように思います。私は以前大手百貨店にいたので、子育てしながら勤めている方が多くいました。しかし、実家の援助がないと実際には難しいようです。
結婚即退職は論外ですが、出産を機に退職せざるを得ないのが現実です。
また、女性の賃金が不当に低いため、出産後の再就職を恐れ出産をあきらめる女性が多いと思います。
国会答弁を聞いても、現政権がなーんにも考えていないことがよくわかります。
女性が子育てしながら働けるようなインフラを整備し、適正な収入を得て税金をたくさん収めてもらうようなしくみを作ることが必要だと思います。
かん
2009/05/10 10:58
かんさん。
全く同感です。政府は自立と共生とかキャッチフレーズは上手ですが責任を国民に転嫁してしています。一度更地にして基礎を作り直さないと、何処まで言ってもパッチワークで先送りされてしまいます。
新しい政権に代わって欲しい。

「母の愛」は常しえです。余計な一言かも知れませんがお母さん大切にして上げて下さい。
何時もありがとうございます。 酔語。




酔語
2009/05/10 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日暮し雑記」 5/9 土曜日 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる