酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 春よ来い、早く来い。

<<   作成日時 : 2009/02/22 20:48   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像 静かに雨が降ってます。



     ギフチョウ 「春の女神」早くも羽化 岐阜の昆虫博物館
画像
サクラに止まって羽を休める、羽化まもないギフチョウ=岐阜市大宮町の名和昆虫博物館で2009年2月21日、宮田正和撮影

 「春の女神」と呼ばれるギフチョウが21日、岐阜市大宮町の名和昆虫博物館で羽化した。例年より約10日早い。ギフチョウは1883年、同館の初代館長・名和靖氏(故人)が発見した。

 5代目館長の名和哲夫さん(53)は「2月初旬が暖かかったため、羽化が早まったのではないか」と話している。

 羽を広げると5〜6センチになり、羽の尾部に赤、青、オレンジの鮮やかな紋がある。同館では毎年、屋外で育てていたサナギを2月初めに暖房のない廊下に移し、羽化させている。

 21日午前9時ごろ3羽が次々と羽化した。展示ケースに飾られたヤマザクラの花から蜜(みつ)を吸う姿に、来館者らが魅せられている。【宮田正和】

2月22日2時14分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000004-maip-soci


      【ふるさと便り】水戸の梅まつり始まる (1/2ページ)
画像

「第113回水戸の梅まつり」が20日、水戸市常磐町の偕楽園で始まった。園内のウメは例年より早く開花し、すでに七分咲き。3月初旬までが見ごろという。初日は、あいにくの雨模様となったが、多くのツアー客やカップルでにぎわっていた。

 午前中から冷たい雨がぱらつくあいにくの天気。最高気温も10・5度。それでも午後になると、ときおり晴れ間ものぞいた。

 園内では、10人の水戸の梅大使が水戸藩開藩400年記念の絵はがきを配り、観梅客をもてなした。訪れた人たちは、雨にぬれて黒みを増したウメの幹や、雨露の滴(したた)る花びらを楽しんでいた。

 約100品種、約3000本の梅が美しさを競う同園。早咲き、中咲きに加え、例年ならまだ咲かない遅咲きの白梅「白加賀(しらかが)」などがすでに開花。華麗さの際だつ「水戸の六名木」も、遅咲きの「江南所無(こうなんしょむ)」を除く五名木が見ごろを迎えている。
2009.2.20 20:35 産経ニュース→記事全文


         早咲き河津桜 今年は見頃も早め 三重
画像
真冬の寒さの中で見ごろになった河津桜=17日午前11時34分、三重県志摩市大王町の大慈寺、加藤真澄撮影

 三重県志摩市大王町波切の大慈寺(秀森一陽住職)で、早咲きの河津桜が見ごろになっている。

 カンヒザクラと大島桜の自然交配種。秀森住職の父親で先代の故典嶺(てんれい)さんが92年、原木のある静岡県河津町で濃いピンク色の花に魅せられ、枝をもらって境内で挿し木して育ててきたという。

 今では、境内と周辺で約20本が「てんれい桜」の愛称で親しまれている。今年は例年並みの1月下旬に開花したが、暖冬で1週間ほど早く見ごろになった。28日は午後6時からライトアップする。

 家族で伊勢志摩旅行に来ていた愛知県愛西市の消防士杉山詔活(のりかつ)さん(32)は「こんな時期にこれほど美しい桜が見られるなんて」と驚いていた。

( 2009年2月22日16時5分更新)asahi.com 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0217/NGY200902170012.html


          にょきにょきツクシ 春の風情漂う(和歌山)
画像
         土手で生え始めたツクシ(和歌山県白浜町で)】(紀伊民報)

 紀南の各所でツクシが出始め、春の風情を漂わせている。
 白浜町の富田川河口付近では、野焼きした後の土手から多くのツクシが生えている。
 ツクシはスギナの胞子茎と呼ばれるもの。スギナはツクシの先端部から胞子を飛ばしたり、地下茎を伸ばしたりして増える。おひたしや油いため、つくだ煮にして食べる。

2月21日17時14分配信 紀伊民報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000005-agara-l30


                     ***

各地から梅、桜、菜の花などの花便りが届き、土筆も顔を出してます。
「春の女神」も羽化しました。いよいよ春めいてきました。

  春よ来い

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の
蕾もみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

【曲:弘田龍太郎/詞:相馬御風】


                     ***

野山は春めいて参りましたが、春は未だ遠いと実感している人が多いでしょう。
人々がそう感じるのは、だらだらと無益な戯言で御茶を濁している自公の政治屋さんの所為です。自公の連中は、もう後がない最大の危機に遭遇しているのに、全く緊張感がない。

彼らに政治云々を説いても、牛に論語だろう。ステータスに箔を付けるためだけに,政治職を選んだにしても、節操がなさ過ぎる。苟も国民の負託を受け、国家の禄を食んでいるのだから、それなりの人士であって欲しい。

日本人は本当に優しい。忍耐強い。義理堅い。

悠久の営みが育んだ美風を逆手に取る少数の同胞が、権力を簒奪して私腹を肥やしている。
何故、憤らないのか?自らが選んできた呵責に苛まれているのだろうか?
そこまで人々を追い詰めた自公の業は深い。
自公に勇士がいるならチャンスだ!と捉えるだろう。一切を潔斎して新しく出直すべきだ、と考えるだろう。

私たちもまた、決然として自公に別れを宣告しなければならない。

私たちは「みいちゃん」と同じだ。
社会は閉塞している。
景気が今のように悪くなかった時に用意していた、お気に入りの赤い鼻緒の草履があるのに…表に出たいが、出れない。早く春になれ…待ち焦がれている。

国民の心の蕾は はよ咲きたいと膨らんでいる。

自公さん!国民は自公に=NOを突き付けているのです。
もう詭弁は通じません。
貴方方は政治家なのです。
国民は、行政官や技術官等のテクノクラートを求めているのではありません。
専門家は多くいます。

自公の政治屋さん!一度下野して 庶民と語らい真の政治家に生れ変って下さい。
国民と国家を大切にする政治家足らんとするなら……。

 雨は降り続いています。

雨よ降れ降れ 悩みを流すまで ♪〜
雨雨降れ降れもっと降れ ♪〜

ヒットした歌のフレーズです。

雨上がりの晴天は、人々を清々しい世界へ誘ってくれます。
一日も早い春の訪れを願っています。

+日曜日でお寛ぎのところ、失礼しました。お許しを。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今、目の前に小泉・竹中がいたら殴りたい、「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」「すまんな」「こっちに来...
≪介護のはなし≫(認知症の母親殺害事件) http://www.youtube.com/watch?v=QLjXRMoM7Ec  以下、Webから拾いました。 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235208623/996 :これが小泉構造改革の結果!土曜の夜に泣け!:2009/02/22(日) 00:10:46 ID:bK8oNBIF0  京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみら... ...続きを見る
雑談日記(徒然なるままに、。)
2009/02/23 11:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。松任谷由実さんの「春よ、来い」もいいですよ。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=0UQliqHXZoM&fmt=18

自End!倭国大乱を記録するブログの数々のイメージソングの一つにしています。(現在全部で6曲です)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/12/tbp-efec.html
SOBA
2009/02/23 11:38
SOBAさん。
ありがとうございます。

「もう生きられへん。此処で終わりやで。」と言うと、
母は,「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が、「すまんな」と謝ると、
母は、「康晴はわしの子や」……

権力亡者の麻生、国民第一・福祉を掲げる公明等はこの現実に目を瞑って、百年一日が如き虚言を弄している。

本当に春が来て欲しい。
松任谷由実さんの曲も聴いて見ます。

ありがとうございました。酔語
酔語
2009/02/23 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
春よ来い、早く来い。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる