酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日暮し雑記」 2/21 (土)

<<   作成日時 : 2009/02/21 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

  気品 上品
画像


地獄−餓鬼−畜生−修羅−人間−天
すべての生命は六道を輪廻すると言われています。
地蔵菩薩は、六道に在って迷える弱き人々を救済する最も慈悲深い菩薩様です。

その地蔵様に4000万の現金のお供えがありました。

延命地蔵 ほこらに現金4千万円 和歌山
2月20日20時44分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000030-maip-soci

 20日午前10時40分ごろ和歌山市東紺屋町の「延命地蔵」のほこらに、現金が入ったレジ袋が三つ置いてあるのを近くに住む主婦(72)が見つけ110番通報した。

和歌山県警和歌山西署で数えたところ、1円から1万円札までほぼ全種類の硬貨と紙幣が交じり、計約4000万円あった。同署は拾得物として持ち主を捜している。

 同署によると、地蔵は地元自治会の人たちでつくる延命地蔵保存会が管理。地蔵はほこら(高さ約2メートル、幅約1メートル)の中に納められ、それをさらに大きいほこらで守っている。

 発見した主婦は、保存会の当番として供花の水を替えに来て口を縛ったレジ袋を見つけたという。主婦は「野菜でもお供えしてくれたんかと思った。袋を開けたら万札やった」と興奮した様子。袋を抱えて急いで帰宅し、110番するとともに保存会役員にも連絡したという。

 同署によると、現金以外のメモ類などはなく「どんな目的のお金かや、置かれた意図が分からない。慎重に経緯を調べる」としている。3カ月以内に持ち主が現れなければ保存会の所有になるという。

 保存会によると、ほこらの近くで約40年前、女児がトラックにひかれて亡くなる事故があり、地域の交通安全を願って地蔵が建立された。【安藤龍朗、藤顕一郎、宮嶋梓帆】


                       ***

今日も良い陽気に恵まれました。
日暮しぼんやりネット記事を眺めていますと、面白い記事に出くわしました。
まあ、揚げ足取りかも知れませんが…。

私たちは毎日毎日太郎さんを揶揄して溜飲を下げていますが…大変な思い違いをしていたようです。私たちは自らの不明を恥じ、太郎さんに詫びなければならない。
太郎さんの真の御姿は、完全無欠のスーパーマンだったのです。
私たちは太郎さんに心身を捧げ、太郎さんの全知全能の力に御すがりしましょう。

信じる者は救われます。鰯の頭も信心から…と言う言葉もあります。笑

麻生首相「景気回復、全知全能を傾ける」 衆院予算委
2月20日21時36分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000642-san-pol

 盟友の中川昭一前財務・金融担当相の辞任や小泉純一郎元首相の衆院再議決をめぐる発言など苦難が続く麻生太郎首相は、20日の衆院予算委員会で「3年間で必ずや景気を回復させる。

全知全能を傾ける」と今後の政権運営にかける決意を示した。

自民党の谷垣禎一元財務相が「内閣に気の緩みが見られ、与党に不協和音がある。どのように求心力を回復するのか」と厳しくただしたことに対し答えた。ただ、谷垣氏は「経済危機の時に根性を入れて仕事をしたかが(将来)問われる。歴史の審判に身を預ける気持ちで仕事をしてほしい」と激励も忘れなかった。

 また、民主党の仙谷由人元政調会長が国会運営に関し「3分の2(の再議決)でやればいいという発想で、国会の審議をろくにしない」と批判したところ、首相は「われわれの内閣と民主党の『次の内閣』で政党間協議をしようと言っても、1回も応じてもらっていない」と反論した。

 一方、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は、民主党の前原誠司副代表が無駄なダム工事の中止を求めたのに対し、
「私はダムのファンだ。せっかく天から降ってくるものは置いといたほうがいい」と応じた。


**− 地蔵は人間(現世の俗人)を救う如来にならず、自ら地獄へ落ちて、苦しみ・迷える人々を救済する道を選んだ菩薩様です。

に、引き換え……

太郎は神になった。
天帝太郎は万物を支配する。与謝野は水は天帝からの貰い水、有難く大切に頂くと嘯いた。
聞えは良いがその心は膨大な利権(集票と集金)である。

秋津(トンボ)が飛び交った美しき列島、豊葦原瑞穂国が……
愚帝(森)−悪帝(小泉)−愚帝トリオ(安倍・福田・麻生)によって破壊された。
最後の愚帝は とうとう俺は全知全能者だ!「3年間で必ずや景気を回復させる」と 神の御言葉を発せられた。笑
私(朕・珍)太郎は、神である。分かったであろう!
やっと、皆に知ら占めることができた。

太郎神は仰った。完全無欠のウルトラパワーを持ってしても、3年は要る。3年待って欲しい。
「美しき列島・豊葦原瑞穂国」の神・太郎神のご託宣である。
我々は無力だ。平伏すより仕方あるまい。笑

太郎と大作(池田:公明・創価)、
自公は、(珍)神仏習合連立政権だった。

笑 私のような無神論者は切り捨てられる?
皆さん!現世利益を望むなら、全知全能の麻生+公明に縋りましょう。笑

私は御免だ!近所のお地蔵様と語らう方がずっと良い。

 だらだら長くなりました。
もう少しだけ…

辞めた中川がまたまた失態を演じていた。
観光客や学生・若者の失態がニュースになる度、世の識者・文化人・政治家等が彼等の行いを叱責し、恥を知れ、と合唱していた。
今度の事件をどう総括するのか…当事者や任命権者、お友達の反応は如何に?

+私たちは、悠久の大河に流れている小さな泡に過ぎません。
我が身の生涯に拘っても小さな一刺しで消えてしまう。(消されてしまう)シャボン玉。

他人(権力)に責付かれて我が身を削ることなどないのです。

人皆、身を焼く恋をして家庭を築き、友や周りの人々と語らい、思いやり.助け合って往き、終末を迎える。
勿論、人生は波乱の連続です。様々です。

でも、生きて行かねばなりません。
生きて往く以上、生き安い世を望むのは当たり前。
但し、自ら選択しなければならない、と言う宿題が課せられます。

如何します?
社会の活力は、人々の心模様次第です。

大河の下流(現代)は、揺ったりと流れています。上流のように激流でないため流れに身を委ねて仕舞い勝ちです。大河を堰き止め流れを変えるのは容易ではありませんが…出来ます…今なら出来ます。
でも…大海になれば無理・不可能です。

またまた、横道に入ってしまいました。
自公の言っていることは、私のブログと同レベルの戯言(たわごと)に過ぎません。

流行の模様を追い掛け過ぎて…思わぬシッペ返しに遭わないように願います。

失礼しました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
その14:日本のデフレと対米ファイナンスとの関係(最終回)
bakaさん: イラクもアフガニスタンもテロも日常と化した今日この頃、ひさびさに経済ネタの質問です: ...続きを見る
晴耕雨読
2009/02/21 20:44
【お薦め書籍】子どもたちよ、分断と虚飾の罠を越えて進め。『沖縄ラプソディ 〈地方自治の本旨〉を求めて...
2009.2.23.08:00ころ 叙事であって叙情。 事実をていねいに見つめ、それと対峙してきたからこそ、 そして、人をではなくそこにある強固な現実を突き崩して、 子どもたちに未来を渡したいという強い意志があればこそ、 生まれたのであろう、類い稀な書籍のご紹介です。 米軍基地の移転問題という狂おしい現実に対峙することになった/対峙せざるをえなかった/対峙した著者は、その後の展開やそれ以前の歴史の ...続きを見る
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2009/02/23 08:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日暮し雑記」 2/21 (土) 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる