酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS かげろう政権

<<   作成日時 : 2009/01/30 18:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

老兵は消え去るのみ

画像


画像 陽炎(かげろう)か…蜉蝣(かげろう)か…

画像  どの道,儚い命だ。

「かげろう景気」と命名=戦後最長も実感なし−与謝野経財相
1月30日12時11分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090130-00000070-jij-pol

 与謝野馨経済財政担当相は30日の閣議後記者会見で、29日に69カ月と判定された戦後最長の景気拡大について、「だらだら、かげろう景気」と命名した。拡大期間は長かったが、内需という実体を伴わない景気を表現した名称と言えそうだ。

 広辞苑では、「かげろう」は「春のうららかな日に野原などにちらちらと立ちのぼる気。はかないもの、あるかなきかに見えるものを形容するのにも用いる」と記されている。

 2002年2月に始まった景気拡大は、自動車や電機を中心とする外需主導で、高度成長期の「いざなぎ景気」(57カ月)を上回り、戦後最長となった。しかし、企業収益は回復したものの、賃金抑制で個人所得が増えず、「実感なき景気回復」とされた。

                    ***

与謝野さんは上手いことを言う。笑

景気の命名などどうでも良い。
「だらだら、かげろう景気」「だらだら、麻生政権」

言い変えて見ました。

 与謝野馨経済財政担当相は30日の閣議後記者会見で、29日に60?年と判定された戦後最長の自民政権について、「だらだら、かげろう政権」と命名した。独裁期間は長かったが、万人の幸福という実体を伴わない詭弁を弄した悪徳権力と言えそうだ。 

私利私欲に絡めとられた幽霊政権だった。笑 

+人が陽炎や蜻蛉の儚さに魅入られ感情移入するのは、かげろうに,自身に他ならない…自身を投射し、己が往く姿の投影だと思うからなのだ。

かげろう・麻生自公は唯の俗物に過ぎない、金も名誉も独り占めしたい俗人集団なのだ。そして、その一員、内閣の要が与謝野さんでした。笑

代表質問、田中真紀子さんを酷評している人(テレビ御用達コメンター)がかなりいたが、
画像 細田さんの発言もかなり酒癖が良くない酔っ払い発言では?

凡そメディアの常連に定見などある筈がない。皆、己が生活(高収入)第一で人生設計している連中なのだ。毎度おなじみのタレントで盛り上げる手法もいよいよ陰り始めていることに気付くべきだ。

黄門様ならこう言うだろう、「もう良いでしょう!」
家老も代官も,提灯持ちも地回りも,年貢の納め時だと観念する。
ドラマは小さな権力が大きな権力に迎合するだけだ。
黄門はモグラ叩きの杖と印籠をを携えて回り続ける。笑

時代は進んで一応,主権在民になった。
現代の黄門、我々が「もう良いでしょう!」といっても頑として聞き入れないのは、国民に主権がない国だからか?

政官業・メディア、御用タレント総動員して、数十年掛けて張り巡らした利権網。にも拘わらず支持2割以下、不支持7・8割。しかも、彼等には未だに何故?と自身にと問いかける勇気さえない。

人と人との繋がりを築けなかった保身・自己チュウ権力の悲しい末路。
戦後の政治をリードし、良くも悪くも経済大国に押し上げた大政党の現状の姿は見るに忍びない。

小泉・安倍・福田・麻生、不思議に可笑しな人物に魅入られた来た自公の党員・支持者の不可思議さ…井戸の外側の人間から到底理解できない理屈で結ばれているのだろう。

でも、もう終わりです。起死回生はできません。
せめて、かげろう,のように、私たちが感情を投射できる政党でいて欲しかった。

潔く野に下って捲土重来を期して下さい。貴方方の支持者のためにも…

失礼しました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
靖国神社をめぐる因縁(2):薩長因縁の昭和平成史(完)
 ■靖国神社をめぐる因縁(2) ...続きを見る
晴耕雨読
2009/01/30 20:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
与謝野氏といえば、リーマンショック最中の総裁選で、日本経済は蜂にさされた程度で大した影響はない、と言っていました。

そのニュースを見て、「ずいぶん大きな蜂だね」と相方が速攻でツッコミを入れたのを覚えています。慧眼でした(笑)
仲@ukiuki
2009/01/31 14:24
仲@ukiukiさん。
何時もありがとう。

与謝野さんのお爺さん−鉄幹さんは、
「人を恋ふる歌」と言う歌を残しています。
勿論、私は最初の数行…うろ覚えですが、
:友を選ばば書を読みて
 六分の侠気四分の熱:
麻生さんがこの歌の文句に該当するでしょうか、
書を読む人でない事は瞭然。
「弱きを助け、強きを挫く」男気のある人とは思えない。
麻生氏が情熱を傾けるのは、地位と利殖だけでしょう。
類は友を呼ぶ、政策通で通っている与謝野氏も案外、
只の政治屋かもね。

暖かいですが曇天です。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2009/01/31 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
かげろう政権 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる