酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/29(木) 想い出

<<   作成日時 : 2009/01/29 20:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 今日の我が地方は最高気温16℃・春の陽気でした。


各地から梅便りがちらほら聞こえてくる季節になりました。とは言うものの近所の野原は一面枯れ草に覆われたまま、緑が芽吹くのはまだまだ先です。

*梅一輪 一輪ほどの あたたかさ 服部嵐雪

    太宰府天満宮 春降臨、御神木に梅1輪 福岡
画像
                   開花した太宰府天満宮の飛梅=福岡県太宰府市で
                          2009年1月29日午前9時53分、川上敏文撮影


 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の御神木・飛梅が29日、1輪開花した。既に開花直前のつぼみもびっしりとあり、参拝に訪れた人たちも見上げては写真を撮ったりして春の訪れを感じている。

 飛梅は早咲きで八重の品種。例年だと1月上旬ごろから咲き始めるが、昨年12月の気温が下がらず、年明けから寒波が相次いだため、「例年より約2週間以上も遅れている」(天満宮)という。

 飛梅はこの後、次々に花が咲き2月中旬には満開を迎え、同月末まで楽しめる。また境内の197種約6000本の梅も早咲きや遅咲きを含め3月上旬まで香りを漂わせる。【川上敏文】

1月29日15時38分配信 毎日新聞

                    ***

街中を歩いていて,急に何かを思い出すことはありませんか?
仕事中、ふっと昔が蘇ることがありませんか?

+病院の庭で佇んでいたら、車椅子のお年寄りと介護の娘さんが,口ずさみながら遠ざかりました。

 可愛いつぼみよ きれいな夢よ
 乙女心に よく似た花よ♪〜

何処で聴いたのか誰が歌っていたのか記憶にないのですが…メロディだけが焼きついていた…のでしょう。急に昔を思い出しました。

それで、歌詞の断片を頼りに検索しましたら意外と簡単に辿り着きました。

題名が「花言葉の唄」、歌い手が,松平晃・伏見信子さん。詞/曲が西条八十、池田不二男 さん、だと言うのも知りました。この唄は昭和11年の映画の主題歌だそうです。
戦後の生まれの私の記憶に残っているのですから、戦争を挟んで多くの人々に親しまれてきた名曲なのでしょう。

+咲いたら上げましょ あの人に

残念ながら私は頂いた記憶はありません。勿論、差し上げる勇気もない純情少年でした。笑
でも、蓮華畑で遊んだことは今でも鮮明に覚えています。

花には,五感を揺さぶり、喜怒哀楽を左右する.不思議な力があります。
人々は癒しのためだけではなく、勇気を貰うために花を愛でてきたのです。
今も昔も医療(物理・精神)に大きな貢献をしてきました。

・色は七色 思いは十色
咲いたら上げましょ あの人に

花言葉の唄 松平晃・伏見信子

(1936) 作:西条八十 曲:池田不二男
 歌詞:歌ネット↓
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=60388


:白い花なら別れの涙
紅い花なら嬉しい心
青い花なら悲しい心:

咲いたら上げましょ あの人に

思いを込めて夢を育てます。
迷いがあれば咲く花の色は変わります。

花の色はうつりけりに……人は、終末を迎えると.枯れた感慨を語ります。

でも、終着までには曲折があった筈です。
咲けよ咲けと念じた昔もあったでしょう。

人知れず育てた花(愛)を、夢の中で贈ったこともあるでしょう。
可愛いつぼみが大きな花になれ.と.念じたことがあるでしょう。

夢…花開くことも…色んな事情で,躓くこともあります。
色んな道を辿りながら人は皆、独自の花を咲かせます。

私たちは自ら生を望んだ,のではありません。
産み落とされた環境を甘受するしかないのです。
小さなつぼみを育て、躓き……励ましあって.生を謳歌し生きて行く・・・そして、それぞれの花を咲かせる。
苦労して咲かせた花(愛)を死蔵するのは勿体無い。

育てた花(愛)を互いに交換して良き社会へ……。

*****

想い出…不思議なものです。
*咲いたら上げましょ…
想い出が蘇えり・次々連想してしまう、懐かしいやら,恥ずかしいやら…

*咲いたら上げましょ…花=愛。
貰えませんでした。 上げる勇気があったなら…笑

  バカの幼稚な戯言でした。

+++ 

朗報
昨日、インフルエンザのニュースを載せましたが、今日新しいニュースを見つけました。万能ワクチンが開発されたニュースです。

でも、実用化には数年掛かるらしい…

この記事をご紹介して終わります。
失礼しました。

インフルエンザ、万能ワクチン開発…厚労省研究班
1月29日3時3分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000067-yom-sci

 いろいろなタイプのインフルエンザウイルスに効くワクチンを厚生労働省研究班が開発した。

 従来のワクチンと違い、ウイルスが変異しても効果が続くのが特徴で、動物実験で確かめた。実用化までには数年かかるとみられるが、新型インフルエンザの予防にも役立つと期待される。

 研究班は、国立感染症研究所、北海道大、埼玉医科大、化学メーカーの日油。

 通常のワクチンは、ウイルス表面をとげのように覆うたんぱく質をもとに作る。接種後、ウイルスが体内に侵入すると、抗体がとげを認識して増殖を阻止する。だが、インフルエンザは、とげの形が異なる複数のウイルスが流行することが多いうえに、頻繁にとげの形が変異するため、毎年のようにワクチンを作り直す必要があった。流行する型の予測がはずれると、ワクチン接種の効果が薄れた。

 研究班は、表面に比べて変異しにくいウイルス内部のたんぱく質を人工合成。それに特殊な脂質膜をくっつけてワクチンを作った。このワクチンを接種すると、免疫細胞が、ウイルスの感染した細胞を攻撃する。

 実験では、新型インフルエンザウイルスに変異する可能性が高い高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1、Aソ連型、A香港型の3種共通の内部たんぱく質を調べ、ワクチンを作製。免疫に関与する人間の遺伝子を組み入れたマウスに接種した後、ウイルス3種をマウスに感染させても症状が表れず、増殖も抑えた。

 ただ、これまでにないタイプのワクチンなので、人間に使って重い副作用が出ないか、慎重に確認する必要がある。同じ仕組みのワクチンを英オックスフォード大も研究中という。

 研究代表者の内田哲也・感染研主任研究官は「人間に有効で安全な量を調べ、一刻も早く実用化につなげたい」と話している。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/29(木) 想い出 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる