酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 罰は目の前

<<   作成日時 : 2009/01/19 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 この罰当たり


罰当たり2題

葬式妨害容疑で男逮捕=騒ぎ、ひつぎ突き落とす−警視庁
1月19日13時48分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000061-jij-soci

 東京都品川区の斎場での告別式で、ひつぎを突き落として遺品や花を散乱させたとして、警視庁世田谷署は19日までに、葬式妨害の疑いで、会社役員新保修洋容疑者(42)=世田谷区=を逮捕した。容疑を否認し、「焼香に行ったら足元がもつれ、ひつぎに手をついたら下に落ちた」と話しているという。
 調べによると、新保容疑者は昨年10月中旬、知人の家族の告別式で、大声で騒ぎ、台の上からひつぎを突き落とし、遺品や花を散乱させた疑い。遺体は無事だったという。

「寒かったから…」 同級生経営のスナックに火を放つ
1月19日11時31分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000524-san-soci

 中学時代の同級生が経営するスナックに無断で侵入し、火をつけたとして、千葉県警市原署は、建造物侵入と放火未遂の現行犯で、市原市養老のアルバイト、古茶一雄容疑者(57)を逮捕、身柄を千葉地検に送った。「寒かったから体を温めるため火をつけた」と犯行を認めているという。

 調べでは、古茶容疑者は18日午前1時20分ごろ、同級生の男性(57)が経営する市原市馬立のスナックに出入り口のガラス戸を割って侵入。じゅうたんに火をつけたが、通行人の男性2人に気づかれ取り押さえられた。

 当時、店内は無人で、火は男性2人が消し止めた。


++ 悪事千里を走る

悪い(良くない)行いや,悪い(良くない評判)は直ぐに知れ渡る。

この言葉通りなら対処の方法もあるのですが、世の事象、特に人間の営みに於いてはそうではないようです。

善悪入り乱れた奇怪な人間界は善や徳を説き、規範として定めていますが人皆が遵守している訳ではありません。

善や徳を積み品性を磨くと言うのは永遠の理想であり続けるしかない。
残念ですが…これが長き営みで学んだ人間の知恵です。

最近の例で申しますと。イスラエルのガザにおける大虐殺は、正に悪事千里を走る出来事です。
犯人は大プロパガンダを行って犯罪を正当化しています。
また、それを支持する勢力、個人もいて複雑怪奇な現象を生じせしめています。

我々は、盗んではいけない。殺してはならない。正直者であれと教えられてきました。一人、二人を殺すのは殺人鬼として断罪されますが、大量虐殺は英雄として称えられる。権力亡者の知恵が生み出したパラドックスです。

個人は犯した罪を懺悔しても、法の裁きを受けなければなりません。
一方、大量殺戮者は心で懺悔したと宣言するだけで許されるのです。
イスラエルの首相:ハマス撲滅に大きな成果があった。一般人に被害者が出たのは残念。
外相:ガザに人道の危機などない。

一片の言葉で、彼等の犯罪は正当化され英雄として喝采を浴びる。
これが、大欲・小欲が絡み合った人間界の有り様です。

***

世界にはまだまだ歪な国家があります。
必ずしも小国家、途上国だけではありません。

人々は小さな幸せしか望んでいません。
権力に逆らえば、個人・家族・・・コミュニティーまで破壊される。
私たちは、ぎりぎりの尊厳を守るために面従腹背するしかないのです。

++ 罰は目の前

日本のことを言います。

日本の現状は明らかな人災です。
外的な要因も否定はしませんが、儲けばかりに眼が眩んで福祉を,なおざりにしてきた結果です。
小泉・安倍・福田・麻生の悪評は千里を駆け巡っている。

これ等の宰相は、運良く地盤・看板・鞄に恵まれた唯の口舌の徒だった。
彼等の役割は、官僚がお膳立てを整えた舞台で調子よく喋ること、その演技力が問われるだけなのだ。
自公にとって不幸だったのは、安倍・福田・麻生と大根が連続したことだった。

要するに、自民には役者がいなくなった。
官僚もつらいよ。

まあ、国民の多くは政治家も官僚も国益より個人の懐、
彼等が語る未来図は、己が一代の利益計算に走って利権漁りしている小人だと看破している。
政。官どっちもどっち、両方共劣化していると。

それでも、彼等は…
今までも・・今も、マスコミとタッグを組んで正当化を喧伝し続けている。

悪を為せば直ぐに報いがくる。
と教えられてきましたが、これも巨悪には通じない理屈みたいだ。
強制されて嫌々迎合した人が100人いると、忽ち10倍、100倍の人々が迎合する。

雪だるまが坂道を転がるように膨れあがる。
殆どの人は小さな幸せのための面従腹背なのです。

春になれば雪は解ける。
もう間もなくです。

元々彼等は妖怪・・溶解人間だったのですから……

失礼しました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
近代奴隷制
社会保障政策の本質 のつづきです。 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/01/19 20:00
人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!!(2)助けて、ドラえもん!じゃなく...
2009.1.18.23:00ころ 「佐藤優現象」の金光翔さんによる追加分析も気になりますが、当ブログとして今、緊急を要するテーマはやはりこれでしょう。 人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!!(2009.1.15) のコメント欄に、カルデロン一家に在留資格を与えることに異を唱える、つまり自民・公明政権下にある法務省入国管理局の「お達し」に賛意を表するコメントが、いくつか ...続きを見る
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2009/01/19 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
罰は目の前 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる